MENU
  1. ホーム
  2. 職種別 先輩からのメッセージ
  3. Web系SE・ソフトウェア開発エンジニア

職種別 先輩からのメッセージ Web系システムエンジニア

Web系SE

Web系SE

稲葉 光紀

2012年入社

この職種の具体的な仕事内容

この職種の仕事というのは、「ウェブ上で動くシステムの開発」となります。
具体的には、フォーム作成などの簡単なものから、CMSのカスタマイズ、カートシステム、メール配信システム、各種検索システム等、他にも色々あります。

最近多いのは、CMS関係です。お客様が自分でホームページを更新できる仕組みです。お客様のご要望に応じて、WordPressのテンプレートをカスタマイズしたり、プラグインを作成したりと形態は色々あります。

また、受注した案件の開発だけでなく、今後の自社コンテンツの展開に備えて社内でのシステム開発も並行して進めたり、社内システムの開発や保守、社内サーバー設置や設定および保守、社内PCの設定やサポートも手がけます。

工程は、SEの場合は設計から実装までが中心になりますが、まだ当社のシステム部の規模が小さいため、能力に応じて、お客様とのやり取りから、要件定義、システムの提案、プロジェクト管理、プログラミング、コンサルティングなど、広い範囲の業務をすることになります。

この職種の面白み

人それぞれだとは思いますが、自分の場合は、常に変化しているウェブの最先端技術を勉強し実際に使う事ができるところです。そして、まだ小さい会社ということで広い範囲の業務をこなさなければなりませんが、それによって多くのスキルや経験が身について、自分のスキルアップに繋がるのがいいと思います。

システムがお客様のサイトで稼動して、実際に売上や集客が増えたり、サイトが盛り上がったり、便利になったりして、お客様に喜んでもらえたときは、とても充実感を感じます。

この職種で大事なこと

必要なスキルとしては、PHP、JavaScript、HTML、DB、ネットワーク、UNIX、サーバー、ネットワークのことなど多岐に渡ります。また、ウェブ関連だとセキュリティ関連の知識はとても重要になります。

理想を言えば、これらのスキルを持ってウェブ関連のシステム開発経験があり即戦力になってもらえるのがいいのですが、まずは分野は何でもいいのでソフトウェアの開発業務の経験があって、基本的なシステム開発の進め方が分かり、新しい技術を勉強して身に付ける意欲がある、という点が大事だと思います。
新しい技術は勉強して身に付ければいいし、スキルがあってもウェブの世界、ITの世界はどんどん変わり、常に勉強する必要があります。

それから、コミュニケーション能力や自発性があるといいですね。プロジェクトを成功させるには、お客様とのやり取りや、プロジェクトのメンバとの情報交換を円滑にできたり、物事を積極的に進められる点が重要になります。

この職種を希望される方に一言

「この職種で大事なこと」で書きましたが、私自身も欲しいスキルを全て満たしているわけではありません。もともとウェブ関連のシステム開発をやっていたというわけでもありませんでした。
必要となるスキルを身に着けている最中ですので、できないことも沢山あります。足りないスキルは、社員同士で助け合いながら案件をこなしています。

まだまだ小さい会社なので、一緒に勉強しながら頑張って大きな会社にして行きましょう。一緒に働いてみたいと思った方は、是非応募して下さい。

募集要項 こんな方、募集してます。

応募・お問い合わせフォーム 火星への道・お問い合わせフォームはこちら

  • マークアップエンジニア
  • Webデザイナー
  • Web系SE
  • Webディレクター
  • Web営業
  • 採用担当者