MENU
  1. ホーム
  2. 職種別 先輩からのメッセージ
  3. Webディレクター

職種別 先輩からのメッセージ Webディレクター

Webディレクター 塚本

Webディレクター

塚本 雄二

2007年入社

この職種の具体的な仕事内容

社外の仕事としては、クライアントと打合せをします。サイトについての要望をヒアリングし、それをまとめます。すべてクライアントの要望どおりというわけにもいきませんので、効率化・アクセシビリティ・ユーザビリティ・SEOなどを考慮し、企画を立てて、それをクライアントに提示することもあります。

社内の仕事としては、クライアントのご要望をまとめたものを、社内制作部に伝える窓口的な役割の仕事を行います。制作過程を効率よく進めていくための作業、原稿等の管理・社内制作部の管理・外注管理・納品物の管理等を行います。

このように、社外と社内の中間に立ち、やりとりを行うのがメイン業務となります。基本的には、そのプロジェクトのリーダー的な存在として、行動します。ここからここまでがディレクターの仕事という範囲はなく、幅広い仕事となります。

この職種の面白み

中心的存在として扱われますが、実際のところはいかに「黒子」的な部分をしっかりするかというところだと思います。そこに自分で気づき、実行し、そして、それが形になる。いい意味で、自分の好きなように出来るところです。

社内・社外と幅広い人と関わる、幅広い仕事をやる、これといった決まったルールはなく、いつも自分で最善のやり方を模索しながら作業を行うという、枠にとらわれていないような部分も、この業種、この会社ならではだと思います。

この職種で大事なこと

Web業界の知識はもちろんあった方がいいですが、それよりも全体をとらえる視野、目標を効率的に達成する計画性、問題回避能力、相手の立場や状況を把握できる能力など、総括的な部分が大事です。

営業は、仕事を取ってくるのでお金になります。制作は、作る作業をするのでお金になります。そう考えると、ディレクターは直接、お金を生み出さない仕事のように見えますが、今のWEB業界では、大変必要とされているポジションです。なぜ必要とされているのかを、きちんと把握して、行動することが大事です。

この職種を希望される方に一言

よく「司令塔」などと言われます。イメージ的には、一番上に立つえらい立場のような感じですが、決してそうではありません。逆に、気を使ったり、思いやったりするハートが大事です。
いろんな総括的な能力を鍛えたいという方、「人として」「社会人として」成長したいという方には、ぴったりの職種だと思います。

また、この会社は、こういう風にやるという決まったルールはありません。ルールは、自分たちで決めていこうという会社の体制でやっています。

私自身もまだまだ勉強中で、わからないことばかりです。でも、常に客観的立場で会社全体をとらえるようにしています。こういうことをやりたい。この方法のほうが効率的だなど、どんどん新しい意見が欲しいので、ぜひ、一緒に新しいものを探していきましょう!

募集要項 こんな方、募集してます。

応募・お問い合わせフォーム 火星への道・お問い合わせフォームはこちら

  • マークアップエンジニア
  • Webデザイナー
  • Web系SE
  • Webディレクター
  • Web営業
  • 採用担当者